MENU

ブログ

コロナ対策、衛生面について

Pocket

こんにちは、真田山歯科です。

今日は医院で行なっている感染対策について投稿したいと思います!

当院では開業当初から患者さんの口腔内に触れた手で触る場所にはバリアフィルムと呼ばれる剥がせるテープをつけて、患者さんごとに張り替えています。口腔内には虫歯菌や歯周病菌など数多くの菌が存在する為、唾液から感染してしまうこともあります。

治療に使用する器具はオートクレーブと言われる滅菌器では最高クラスのクラスBの滅菌やガス滅菌、ディスポーザブルの器具の使用を行なっています。

治療室にある全チェアーは過酸化水素水をベースに使用しております。過酸化水素は完全に水と酸素に分解されるため、水回路に添加し、常に細菌の増殖を抑えます。

コロナの感染拡大予防対策としては

来院時の手指消毒、検温を実施しております。

治療前には、殺菌作用のあるうがい薬(次亜塩素酸)でうがいしてもらい、当院の診療室は個室ですが換気の為ドアを少し開け、治療をしています。

治療後には診療室の消毒を徹底しております!

玉造にある歯医者 真田山歯科のスタッフ一同より