私達にかかわりのある人達が、生涯にわたって健康で幸せな生活を過ごして欲しい。私達はお口の健康を守ることで、皆さんのからだとこころの健康を守るお手伝いをしたいと考えています。

医療現場の技術と知識は日々進化しています。私達は常に最新の技術と知識を皆さんに提供できるよう、情報収集と勉強(講習会への参加など)に意欲的に取り組んでいます。

むし歯にならない為に通う歯科医院へ

歯医者は「むし歯になったら治しに行くところ」と考えている方がほとんどだと思います。歯科検診がある小学校まではむし歯の初期段階で治療できることも多いのですが、大人になると「痛くなってから治せばいい」とついつい後回しにしてしまいがちです。

このグラフは歯医者の利用の仕方と将来残る歯の本数を表しています。痛みなどの症状があるときだけ歯医者にいく人は80代にはほぼ全ての歯を失ってしまいます。

グラフ「歯科医院のかかり方と歯の本数」

むし歯は治療すれば健康な状態に戻るわけではなく、一度削ってしまった健康な歯と比べてはるかにむし歯になりやすくなります。どれだけ精度の高い治療をしても歯と詰め物の間には10ミクロンほどの隙間はできてしまいますが、むし歯菌の大きさは数ミクロンなので侵入を防ぐことはできません。ですので治療した歯は今まで以上に気をつけてメインテナンスをしないとむし歯が再発し、さらに削って埋めることを続けるうちに抜いてしまう以外には治療方法がなくなり、最終的には歯を失うことになるのです。

どんなに精度の高い治療でも削ったことのない歯に勝ものはない

むし歯にならないためには定期的なクリーニングを受ける必要があります。むし歯と歯周病の原因となるバイオフィルムはセルフケアだけでは取り除くことができません。クリーニングは見た目を綺麗にするだけではなく、このバイオフィルムを取り除くことが一番の目的です。

生涯を通して歯が残るかどうかは「むし歯になってから歯医者へ行く」か「むし歯にならないために歯医者に行く」かの違いなのです。

「歳をとれば歯はなくなるもの」と考えているのは日本人くらい

日本人の80歳での歯の本数は平均8本で、半分の人が総入れ歯です。あなたのご両親(御祖父さん御祖母さん)の歯の状態はどうでしょうか。 歯を失って「好きな物が食べられなくなった」「もっと歯を大切にすれば良かった」と後悔されている方がほとんどなはずです。同じような生活習慣のままでは、あなたが同じ年齢になった時にはほぼ同じ状態になるでしょう。

グラフ「各国の定期検診とメインテナンス受診者の割合」

日本人が定期的に検診とクリーニングをうけている割合はわずか2%ですが、むし歯が世界一少ないといわれるスウェーデンを始め欧米などの先進国では検診とクリーニングを受けることはごく普通のことで、これらの国では80歳で平均17〜20本も歯が残っているのです。

「歳をとれば歯はなくなるもの」ではなく、定期的に検診とメインテナンスをうけることで多くの歯を残すことができるのです。

歯を残すことは身体の健康を守ること

残っている歯多い人ほど全身にかかる医療費が少なくなるというデータがあります。医療費が少ないということは病気になりにくい、または病気になっても重症にはなりにくいと考えられます。歯が4本以下の人は年間の医療費が平均50万円以上かかるのに対して、20本以上の人は平均35万円ほどでその差は1.5倍にもなります。

グラフ「残っている歯の本数と年間にかかる医療費」

入れ歯の場合、自分の歯と比べて噛む力は1/5以下、効率は1/6以下になります。歯を失うことで噛む力は弱くなり、好きなものを美味しく食べるという楽しみも満足にできなくなってしまうのです。噛み切ることが困難になると、柔らかいもの中心の偏った食生活になるので栄養不足になりやすくなります。また噛む力が弱くなるほど身体の機能も低下しやすく、介護が必要になったり寝たきりになる割合は高くなります。

残っている歯が多いほど身体の健康を維持し、自立した生活をおくれる可能性が高くなるのです。

予防歯科を皆さんの常識に

残念ながら日本の歯科医療は先進国と比べて明らかに遅れています。「むし歯になるのは当然」「むし歯になってから治す」のではなく「むし歯や歯周病にならないようにする」ために歯科医院に通うのが今のワールドスタンダードであり、日本でもそう変わっていこうという流れが始まっています。

普段から自分が健康であることに有難さを感じる人は少ないように、痛みや不自由を感じていない人が歯の健康状態を考えることはほとんどないと思います。「もっと早く治療していれば」「歯の大切さを知っていたら」そんなふうに後悔する人を減らすためにも私達は予防歯科の大切さを皆さんに伝え、正しい知識をつけて頂きたいと考えています。生涯にわたってご自分の歯を残して健康に過ごすために予防歯科を始めましょう。

私たちは将来「通っていて本当に良かった」と皆さんに思ってもらえる歯科医院を目指しています。